自分でできる早漏防止策7選。イク寸前で止めるだけじゃない!

「よく早漏にはイク寸前で止めると良いっていうけど思うように止められない、他に早漏防止方法はないの?」と悩んでいる人も多いでしょう。そこでうまくいく寸前で止める方法を始め、トレーニング法や早漏防止グッズまで詳しく解説していきます。

早漏防止策を徹底研究

「頑張って我慢しているけれどついつい早くイッてしまう」など、早漏で悩んでいる男性は意外と多いもの。特に女性は早漏をあまり良く思っていない人が多いこともあり、何とかして改善したいという人も多いでしょう。そもそも早漏は「国際性機能学会(ISSM)」の規定により、

  • 挿入後1分以内に射精してしまう
  • 射精をコントロール出来ず、精神的苦痛を受けている

のどちらかに該当する人を早漏と呼ぶそうです。

そんな早漏ですが、イク寸前で止めると良いと言われています。でも中々思うように止められないですよね。そこでうまく止める方法はもちろん、早漏改善トレーニングや早漏防止グッズなど7つの方法を一挙大公開!自分に合った方法を見つけて、早漏の悩みを克服しましょう。

イク寸前で止める方法

まずは基本でもある、イク寸前で止める早漏予防方法を詳しく見ていきましょう。

スタート・ストップ法(セマンズ法)

イク寸前で止める方法には「スタート・ストップ法」というやり方があります。どういった方法なのかというと、自分でペニスに刺激を与え、イキそうになったら手を止めてイクのを我慢する方法です。これを何度か繰り返し行うことで、イクまでの時間を延ばせるようになります。

具体的なやり方は以下の通りです。

  1. 手でペニスをしごき刺激を与える(このときAV動画などを使うと良いです。)
  2. イク寸前で手を止める
  3. 1~2を5回程度繰り返し行う

最初はうまくいかず途中で射精してしまうこともあるかもしれませんが、何度か繰り返すうちに徐々に上手にできるようになるため焦らず行ってください。ただあまり無理をすると、精子が逆流してしまうことが稀にあるのでその点は注意しましょう。

オナホールを使う

自慰行為(オナニー)では我慢できるのに、本番になると我慢できなくなるという人も多いのでは?やはり手で行う自慰行為と、膣内に挿入する本番ではペニスへの刺激や気持ちよさも全然違います。そのためより膣に挿入したときの刺激に近い方法で、トレーニングを行うことで効果的に早漏を治すことができるんです。

そこでオススメなのが「オナホール」。オナホールは女性器をリアルに再現しているため、より膣に挿入したときの間隔に近い状態で早漏改善を行うことができるんですよ。

早漏改善の具体的なやり方は以下の通りです。

  1. オナホールにローションを塗る(すでに塗ってあるものはこの工程を省いてください。)
  2. オナホールにペニスを挿入し、3~5分程度静止する                       ※この行為を行うことでオナホールが人肌程度に温まり、より膣内を再現することができます。またオナホールに慣れるためにも、必ず行ってください。
  3. オナホールにペニスを出し入れし、イキそうになったら動きを止め我慢する
  4. 3を射精するまで何度も繰り返しましょう

早漏改善を行っているときにストップウォッチで毎回時間を測り、毎回測った時間を記載しておくと、どれくらい我慢できるようになったのか一目でわかるのでオススメです。大体10分我慢するのを目標に、早漏改善を進めていくと良いでしょう。

トレーニングで鍛えよう

早漏は筋力トレーニングでも改善することができます。ではどんなトレーニングが効果的なのか、詳しく見ていきましょう。

PC筋トレーニング

PC筋とは骨盤底筋とも呼ばれ、肛門の前と後ろにある筋肉群のことで、普段は尿を止める時に使われている筋肉です。この筋肉を鍛えることで射精をコントロールすることができるようになると言われています。またPC筋を鍛えることで勃起力や勃起を維持した時間を伸ばすことができることから、ペニス増大にも効果があると言われているんですよ。

ではPC筋を鍛えるためには、どうすれば良いのか詳しいやり方を紹介していきましょう。

  1. 肛門に力を入れ、5秒間引き締める
  2. その後5秒間力を緩める
  3. 1・2を10回繰り返す

肛門に力を入れたり抜いたりするだけなので、場所を選ばずどこでもできるのは嬉しいですよね。1日20セットを目標に毎日行いましょう。

亀頭トレーニング

亀頭とはペニスの先の太くなっている部分のことを言います。実は早漏と亀頭はとても関係が深く、亀頭が敏感な男性ほど早漏になりやすいんですよ。特に包茎の男性は普段亀頭が皮で守られている分刺激に弱く、性行為ときすぐにイッてしまう人が多い傾向にあります。

そんな亀頭を鍛える方法を紹介していきましょう。

  1. ペニスの皮をむき、亀頭を露出させる
  2. カリの部分を優しく撫で、刺激を与える
  3. 亀頭の先端部分から我慢汁が出て来たら、我慢汁を亀頭全体に塗る(我慢汁を塗ることで、滑りが良くなります)
  4. 後は亀頭を刺激し射精しそうになったら止める
  5. 落ち着いたらまた亀頭を刺激する
  6. 4~5を射精するまで続ければOK

亀頭に刺激を与える時は、とにかく優しく行いましょう。またローションなどを使って滑りを良くしても良いですよ。

それでも無理!そんなときはグッズに頼る

トレーニングなどを行っても中々早漏が治らないという人は、グッズに頼るのも一つの手です。ではどんなグッズがあるのか、詳しく見ていきましょう。

早漏防止スプレー

早漏防止スプレーとはペニスにスプレーを吹きかけ、一時的に間隔を麻痺させることで早漏を予防するというものです。手軽に使えるうえ比較的値段も手ごろなので、早漏グッズの中ではポピュラーな商品と言えます。ただスプレーグッズは人気のため種類も豊富、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。そんな人には「リドスプレー」「メガマックススプレー」がオススメ。

どちらも世界で最もよく使われている麻酔薬「リドカイン」を配合。価格は大体2000~3000円程度で販売されていることが多いです。

ただし、どちらも日本では販売されていないため海外からの輸入になります。そのため偽物も販売されているようなので、購入時は十分注意して購入しましょう。

早漏防止コンドーム

早漏防止コンドームとは、その名の通りコンドームを付けることで早漏を防止できるコンドームのことです。早漏防止コンドームには2種類あります。まず1つ目が早漏防止スプレーなどにも使われている、ペニスを麻痺させる成分が塗られているものです。こちらのタイプは早漏防止スプレー同様、海外からの輸入になります。

2つ目はコンドーム自体を分厚くし、感度を鈍くしたタイプのものがあります。ただ単にコンドームを分厚くしたものなので、何らかの成分が入っているのはちょっと…と考える人にも安心して使うことが可能です。また日本製も販売されています。

ちなみにコンドームを分厚くした方のオススメは、「オカモト ゴクアツ 12個入り コンドーム」です。通常コンドームの分厚さは0.01~0.03mmが多い中、ゴクアツコンドームはなんと厚さ0.1mmもあります。早漏で悩んでいる人は、ぜひ一度試してもらいたい一品と言えるでしょう。

 

購入はこちらから

楽天 価格:592円(税込)

http://item.rakuten.co.jp/akibaoo-r/hm000039275/

早漏防止薬

早漏防止薬とは有効成分(ダボセキチンなど)が中枢神経に働きかけ、興奮作用でもあるアドレナリンの分泌を抑えることで早漏を防止する薬です。早漏防止薬を飲むことで、射精するまでの時間が約3~4倍伸びたという報告もあるくらい効果が高い薬と言えます。

早漏防止薬にはプリリジー・スーパーカマグラ・タダポックスなどが人気です。ただし顔のほてり・頭痛・めまい・動悸などの副作用が強く出てしまうことがあります。また早漏防止薬はまだ日本での販売が許可されていないものも多く基本的には個人輸入する必要があるため、その点も覚えておいてくださいね。

気にするとよけいに失敗しやすい

早漏を治す方法って意外といろいろあることがわかりましたよね。やはり人によって合う方法と合わない方法があるので、色々試してみて自分に合う方法を見つけてみてください。また性行為の時あまり気にしているとその分プレッシャーが掛かってしまい、余計に失敗しやすくなってしまいます。ですのであまり意識しないようにすることも大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です